DERBLOG イタリア/フィレンツェ「Festival of Creativity」
2007.11.12
イタリア/フィレンツェ「Festival of Creativity」
チャオ、wappaです。
というわけで挨拶から早速イタリアの影響を受けているわけですが、先日、無事日本に帰国致しました。イタリアでは、フィレンツェでの「Festival of Creativity」とルッカでの「Lucca ‘07 Games and Comics」の両イベントにゲスト参加してきたわけですが、今年の初め頃に連絡を取り合って、ようやくこの10月に開催という長い時間をかけて実現しました。両フェスティバル共に大盛況で、印象に残る場面の多い滞在でしたので、本日より少しずつ、イタリアでの出来事をお伝えしていきたいと思いますが、まずは到着後一つ目のイベントとなりました「Festival of Creativity」の模様を。

このFestival of Creativity、聞いた話が正しければ、この名称になってからは今年で2回目の開催との事ですが、昨年は4日間で17万人、今年は20万人の集客を見込んでいると言われ驚いておりましたが、なんと蓋をあけてみれば今年は4日間で35万人がこのフェスティバルを訪れたそうです。このフェスティバルは入場無料なためお客様が訪れやすいという理由はあったにしても、普通このような「クリエイティブ」をテーマにしたイベントに35万人もの人が集めることは容易ではありません。トスカーナ州にお住まいの方々に話を伺うとよーくわかりますが、やはり自分達はレオナルド・ダ・ヴィンチ等を輩出し、またアート・ファッションなど世のクリエイティブな物事を引っ張ってきたというプライドが現在もあり、それによりクリエイティブな事柄への関心がとても強いようです。そんなフェスティバルが4日間行われる中、最終日の夜というメインイベントとして我が植松師匠はゲスト出演してきたわけです。

日本→イタリアの長いフライトを終え、フィレンツェに到着したのが10月26日の夜遅く。さすがに疲れていたものの、さすがはノビヨ師匠、ちょっとしたウェルカムパーティーがてら早速ビールです。ヨーロッパは乾燥して喉が渇くのでしょうがないです。しょうがなく飲んでいるんですよね、師匠?
そして翌日27日、この日イベント出演はないものの、リハーサル見学や、TV、ラジオや雑誌等の取材を受けるため会場入り。場所はFortezza da Basso (バッソ要塞)という歴史ある建物に囲まれた会場で行われました。

basso.jpg

着くとすぐに今回のフェスティバル参加者が待機するVIP ZONEのような場所へ連れて行かれたのですが、席に着くとさすがはイタリア、早速ワインなのです。うーむ、イタリアの人は皆、水のようにワインを飲む・・・。

ikinariWino.jpg

そして前回のメールでもお伝えいたしましたが、RAI国営放送からイタリアのローリングストーン誌まで、ゲームに特化していないイベントならではで様々なメディアのインタビューを受けました。さて明日はいよいよコンサートへの出席。イタリアのファンの反応は?どうなるのでしょうか?

10月28日、フェスティバル最終日、この日も見事に晴れました。到着した日は霧がかかるほど悪い天候でしたが、ノビヨ師匠と共に太陽がここイタリアにやってきたようです。この日はトークショーから始まりましたが、盛り上がる盛り上がる。ここイタリアでの歓迎はどの会場でも本当に温かく熱狂的でした。質問を次々と答えていく中、「イタリアのどこが好きですか?」という質問に、若い頃にPFMそしてマウロ・パガーニが好きだと答えたノビヨ師匠は、憧れのマウロ・パガーニへビデオメッセージを送ることに。ちなみにマウロ・パガーニとは、イタリアが世界に誇るプログレッシヴ・ロック・グループ「P.F.M」の元メンバーで、プログレ界屈指のヴァイオリン奏者です。ビデオメッセージを言い終えた後、なんだか舞台袖が騒がしいなと思っていたら、なんとマウロ・パガーニ本人が現れツカツカと舞台へ上がっていくではないですか!これにはノビヨ師匠もびっくり。パガーニ氏と握手、抱擁、一緒にヨーロッパマイナーを口ずさんだりしている中、僕は聞き逃しませんでした。ノビヨ師匠がとろけそうな声で「あ~、もうダメだ~」と言っていたのを。

mauro.jpg

その直後には、セラミック陶器で有名な街モンテルーポの巨匠が大きなオリジナルペイントのお皿を贈呈。続々とサプライズが続きます。その後のサイン会では混雑のため大パニック。それが終わるとコンサート会場へ直行と、ノビヨ師匠、忙しいスケジュールをこなしていきます。コンサートはといいますと、こちらも大大大盛況。1曲1曲に対してのリアクションもとてもよく、最後にノビヨ師匠が一言ご挨拶する際には、会場中がスタンディングオベーション!今回はロストオデッセイやブルードラゴンからの曲目で初めてコンサートで演奏されるものもあり、始まるまではこちらもドキドキでしておりましたが、そんな不安も忘れてしまうくらいの盛り上がりでした。コンサートが終わってもまだ残っていた熱狂的なファンのために再度サイン会を開き、フル稼働のノビヨ師匠。サイン会の後、会場内でようやく夜食にありついた時、偶然にもマウロ・パガーニのバンドのライブが始まりました。そのライブに夢中になり黙々と演奏を聞くノビヨ師匠、この日唯一安らげるひと時となりました。

mauro2.jpg

次回は”Lucca ’08 Games and Comics”でのトークショーの模様をお送り致します!
お楽しみに!

あ、ちなみに「犬耳ラジオ」、今回は少し遅れて今週中頃に更新予定です!

wappaでした。
2007.11.12(Mon) Japanese | CM(4) | TB(0) | PAGETOP

★COMMENT

なんと、まちがえて、なぜか、昔のブログに返信になってしまったいます、、、、、、すみません~~~よろしくお願いいたします。
2007.11.13 | posted by ひろぴです。 | URL | EDIT |
なんか、すごい建物でイベントが行われたんですね。

オーチャードホールでのコンサートも
いよいよ来週になりましたね。楽しみです。
2007.11.14 | posted by Ryoping | URL | EDIT |
ひろぴさん、Ryopingさん、コメントありがとうございます!オーチャードホールでのコンサート、とうとう明日ですね!コンサートだけではなく発表イベントの方も楽しい内容となりそうです!
2007.11.18 | posted by wappa | URL | EDIT |
本当にいい経験になりました、ありがとうございました。

またイタリアに来たら、宜しくお願いします!

っていうか、私のほうが早く東京に行きますから、、、次の植松さんのイタリア語の歌詞を直させてください。
2007.11.29 | posted by エドアルド | URL | EDIT |

★ COMMENT POST










★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK